水素ガス吸入法(水素ガス吸入器HD-500)による透析患者の酸化ストレスおよびCRPの低減

水素ガス吸入(水素ガス吸入器HD-500)で透析患者の酸化ストレスとCRPが減少し、水素ガス吸入による透析患者の合併症予防や予後改善が期待できることがわかりました。

引用元  日本透析医学会雑誌 54 巻 (2021) 9 号

■結果まとめ

①水素吸入で酸化ストレスとCRPが減少し、さらに水素吸入中止後も効果が持続した。

②今回の研究における水素の効果の持続性も先行研究と同様に、炎症反応の制御に起因していると考えられる。

③水素ガス吸入法は簡便かつ安価であり、透析患者の予後改善の方法として期待できる。

■お問い合わせ先

TOHO JAPAN トーホージャパン

所在地:560-0083 大阪府豊中市新千里西町 2-22-3-409

担当者:小島 環生 TEL  090-8382-9575

E-mail   kojitama123@ab.auone-net.jp

*商品の納期や費用などのお問い合わせもお待ちしております。

    透析患者は慢性的に酸化ストレスが高く,この酸化ストレスは,透析患者の炎症反応を亢進し,さまざまな合併症の発症や重篤化との関連が指摘されている.今回,水素ガス吸入法による水素ガスの摂取が透析患者の酸化ストレスに及ぼす影響を検討した.対象は,血液透析患者6名で,酸化ストレス,抗酸化力およびC反応性蛋白(c‒reactive protein: CRP)を評価指標とし,酸化ストレスおよび抗酸化力は,活性酸素代謝物(diacron‒reactive oxygen metabolites: d‒ROMs)および生物学的抗酸化力(biological antioxidant potential: BAP)を測定することで評価した.透析患者は,透析開始の5~10分前に水素ガス吸入を開始し,透析終了後も5~10分間は水素ガス吸入を続けた.なお,水素ガス吸入は,透析機会6回(2週間)連続で行い,その後は通常の透析に戻して,効果の持続性も検討した.透析中の水素ガス吸入により,被験者の酸化ストレスの平均値が433 U.CARRから395 U.CARRに減少し,CRPは1.05 mg/dLから0.61 mg/dLに減少した.さらに,水素ガス吸入を中止した後も効果は持続し,酸化ストレスは349 U.CARRに減少し,CRPは0.42 mg/dLに減少した.水素ガス吸入は簡便かつ安価であり,小規模の透析施設や在宅透析の患者でも実施しやすく,多くの透析治療の場面で合併症予防や予後改善の効果が期待できる.

    引用元  日本透析医学会雑誌 54 巻 (2021) 9 号

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    水素ガス吸入器HD-500